「アンブシュアについて」2017-5-10-no0017-0028

[国田健先生のレッスンノート]

体験レッスン後初のレッスンということでクラリネットを吹く上で最も大切なアンブシュアについてのレッスンになりました。クラリネットのアンブシュアは特に下顎を平らに保つことが大切です。具体的には口角を横方向に引っ張って「い」と発音しているときの様な状態です。初心者に多く見られるのは逆に「う」と発音したときのように下顎から上方向の力が加わりシワがよってしまうような状態です。これではアンブシュアが安定せずに演奏に支障が出てしまいます。鏡をよく見てアンブシュアの状態を確認しながら練習すると良いでしょう。

コメントを残す

このページの先頭へ