「ジャカソロのストロークについて」ウクレレ教室2017-3-27-no0003-0027

category松野潤先生のレッスンノート

体験レッスンお疲れ様でした!

ご質問いただいたジャカソロでのストロークのレッスンをしていきました。

単に親指は人差し指でジャランと鳴らす基本的なストロークではなく、

いわゆるストラミングと呼ばれる奏法、右手人差し指や親指、小指を時間差でストロークさせることにより

コードの響きのバリエーションを増やす事が出来ます。

今まで練習されてきた曲にも上記のストラミングを使えば、また一味変わった表情が出せると思います!

コメントを残す

このページの先頭へ