「ロングトーン」2017-07-05-no0017-0028

今日は新たにロングトーンのエクササイズを紹介しました。
ロングトーンというと多くのクラリネット奏者が行っているエクササイズの1つですが、僕が紹介したものはおよそテンポ50で8拍間でppからクレッシェンドでff、ディミヌエンドでppに戻るものです。一見簡単に聞こえますが音の出だし、音色、クレッシェンド、ディミヌエンドの質など気を配りだすとキリがありません。またこれは今後のレッスンで応用させたロングトーンも紹介していくのでひとまずこの一連のロングトーンを全音域でコントロールできるようにすることが大切です。

コメントを残す

このページの先頭へ