「息の出し方」クラリネット教室2017-5-20-no0009-0026

音の持続力もついてきて低音域から高音域まで均等に音が出るようになってきました。 息の出し方を広がらないように一定方向に出すようにするともっと音がまとまります。

コメントを残す

このページの先頭へ