初めての水彩画 空を描く 混色の練習!絵画教室 2015-4-30-no0001-0011

水彩色鉛筆と水彩絵の具を使って朝の空と夕方の空を描きながら混色の練習をしました。

まず、青空、夕やけの空、夜空などをイメージしてもらいます。
青空をイメージする3色、夕方の空をイメージする3色を選んだら、白い紙に選んだ色で升目を描き、同じ色が重ならないように色でぬリつぶしていきます。
ポイントは力を入れ過ぎずにざっくりとかくこと。

塗り終わったら、筆を全体に走らせます。空の大きさや広がりをイメージして筆を運ぶといいでしょう。
乾いたら、細かいディテールを加えていくと素敵な風景画になります。

混色に慣れていなくても、予想外の色の混ざり方が経験できて素敵な作品ができました。

コメントを残す

このページの先頭へ