国田 健

prof_kunita_ken

出身国:日本 居住国:日本

対応言語

日本語: ネイティブ

英語: 流暢

1回のレッスン時間

60分

レッスン料金

1回あたり 2,900円

月々のレッスン料金

月2回 5,800円

月3回 8,700円

月4回 11,600円

月5回以上のレッスンも可能です

(税別)

紹介動画

コース

クラリネット

教えられること

クラリネット バスクラリネット クラシック
現代音楽

スケジュール

16:00〜24:00(随時対応)
16:00〜24:00(随時対応)
16:00〜24:00(随時対応)
16:00〜24:00(随時対応)
16:00〜24:00(随時対応)
16:00〜24:00(随時対応)
16:00〜24:00(随時対応)

経歴・プロフィール

2016年オランダ・ロッテルダム音楽院バスクラリネット科を首席で卒業。現在同音楽院大学院のクラリネット科に在席。2010年にKOBE国際音楽コンクール、日本ジュニア管打楽器コンクール全国本選出場。2013年にロッテルダム音楽院よりTalent Grantを受賞。2014年にNJO(オランダ・ナショナル・ユース・オーケストラ)のオーディションに合格、コンセルトヘボウ(アムステルダム)を含むオランダ国内の冬季ツアーに参加した他、ザ・クラリネットvol.52にインタビュー掲載。2015年以降は現代音楽の権威Gaudeamus Muziekweek、現代音楽専門の室内楽団Doelen Ensemble、オランダ国立オペラ関連の公演のほか、ロッテルダムフィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサート等にも出演。2018年にはアムステルダムの音楽祭Grachtenfestivalやロッテルダムの国際室内楽祭ChambeRに出演したほか、第30回ゲルギエフ・フェスティバルにてロッテルダムフィルハーモニー管弦楽団とヴァレリー・ゲルギエフ指揮にてワーグナーのトリスタンとイゾルデ、ワルキューレの騎行の抜粋のほか、グバイドゥリーナのオラトリオの世界初演にも出演。同年にオランダで音楽指導員の資格を取得し後進の指導にも精力的に携わっている。

先生からのコメント

楽器や音楽は様々なものを生活にもたらしてくれます。またその分レッスンを受けたいと思う理由も人によって様々だと感じています。これまでには将来に向けて楽器をうまくなりたいと思っている学生、学生時代に吹いてたクラリネットを改めて吹いてみたいと思った社会人の方、学校や市民バンド等に所属していて効率的に上達していきたい方など様々な人にお会いしてきました。それぞれがそれぞれの目的に合わせて上達できるようにお手伝いができればと思っています。楽器の上達には根気と継続が欠かせませんが、それと同時に余裕のあるゆったりとした姿勢で一緒に音楽に向きあえればと思っています。興味のある方はまずお気軽にご連絡ください!

レッスンノート

指の動かし方2018-12-21-no0017-0046

今日もローズのエチュードに取り組みましたが、その中でも指、手に注目したレッスンとなりました。手の甲の関節から指を動かす事、腕の脱力、左手の角度、手のポジションなどの細かいことを一時間かけてゆっくりと練習しました。今は各音・・・

Posted in 国田健先生のレッスンノート | Leave a comment

2018-12-10-no0017-0046

今日から2月のソロコンクールに向けてローズの32のエチュードの1番を始めました。まずはこれまでのレッスン同様に息の入れ方、音をあてるポイントを一つずつ確認していきました。

Posted in 国田健先生のレッスンノート | Leave a comment

アンブシュアと息の関係2018-11-27-no0017-0046

今日は前回取り組んだアンブシュアに加えて息の使い方を勉強しました。 アンブシュアを変えたことで音色はよくなったもののリードミスが頻発するようになったことが今回の課題でした。リードミスが出るために口でコントロールしようよし・・・

Posted in 国田健先生のレッスンノート | Leave a comment

2018-11-26-no0017-0046

最初は高音の音色を改善したいということでレッスンを開始しましたが、結果的にはアンブシュアに着目したレッスンになりました。今回問題になったのはアンブシュアを締めすぎない、噛まないということを意識しすぎるあまりアンブシュアが・・・

Posted in 国田健先生のレッスンノート | Leave a comment

指の練習 2018-11-18-no0017-0046

今回も指の課題に取り組みました。前回はリズム感を改善することで指の課題も克服できましたが今回は実際に指そのものの動かし方を練習しました。 曲中にドとミを繰り返して吹く箇所がありましたが、今回難しかったのは右手の薬指と小指・・・

Posted in 国田健先生のレッスンノート | Leave a comment

「息の使い方のフレーズ」2018-3-28-0017-0034

[国田健先生のレッスンノート] 今日はクラリネットの初歩ハ長調の全部のエクササイズを終了しました。 特に後半のエクササイズからフレーズや音の質、息の使い方に焦点をおいてレッスンをしました。まず音楽の方向性やフレーズを確認・・・

Posted in 国田健先生のレッスンノート | Leave a comment

「指の練習」2018-2-21-0017-0034

今日はスケール練習を重点的にレッスンしました。スケール練習は息の支え、使い方、音の質、アーティキレーション、指、リズム感などクラリネットや音楽を奏でる上での基本的な要素を包括的に練習することができます。そのなかでも今日は・・・

Posted in 国田健先生のレッスンノート | Leave a comment

「フレーズについて」2018-2-17-0017-0034

[国田健先生のレッスンノート]今日はランスロの25のエチュードの6番とクラリネットの初歩のハ長調を勉強しました。 その中でも特にフレーズを上手に表現することに重点を絞ったとても効率の良いレッスンになったと思います。 吹奏・・・

Posted in 国田健先生のレッスンノート | Leave a comment

「息の支え」2017-8-16-no0017-0028

前回に引き続きタンギングに的を絞ったレッスンになりました。 クラリネットにおけるタンギングはとても繊細な舌の動きが要求されます。よってタンギングの練習は非常に根気のいるものになりますが前回のレッスンよりもはるかに上達して・・・

Posted in 国田健先生のレッスンノート | Leave a comment

「息の支え」2017-7-19-no0017-0028

今日は息の支えに焦点を当てたレッスンになりました。管楽器の場合は息、お腹の支えが出来ているかどうかが上手い演奏とそうでない演奏を分ける重要な要素になってきます。というのも息の支えは音色、音程、レガートなど音に関わる全ての・・・

Posted in 国田健先生のレッスンノート | Leave a comment

▶すべてのレッスンノートを見る

ブログ

▶すべてのブログを見る

短縮URL

http://wp.me/p5dm7v-5i

無料体験レッスン