田島澄人

田島澄人

出身国:日本 居住国:日本

対応言語

日本語: ネイティブ

1回のレッスン時間

60分

レッスン料金

1回あたり 2,900円

月々のレッスン料金

月2回 5,800円

月3回 8,700円

月4回 11,600円

月5回以上のレッスンも可能です

(税別)

コース

バイオリン

教えられること

クラシック(初級、中級)  ロック  ポップス
カントリー アイリッシュ バイオリンアドリブ

スケジュール

随時相談
随時相談
随時相談
随時相談
随時相談
随時相談
随時相談

経歴・プロフィール

アマチュアオーケストラでの経験を経て松本千早子氏に師事。東京ミュージック&メディアアーツ尚美プロミュージシャン科シンガーソングライターコース卒業。バイオリンだけでなくギターやボーカルの経験も積む。即興バイオリン奏者としてジャンルを問わず様々なミュージシャンの方々とセッション共演している他、結婚式場や市役所、震災復興イベントなどでの演奏活動も行っている。

先生からのコメント

みなさんこんにちは。バイオリン講師の田島澄人(たじま すみと)です。

私のレッスンではまず生徒さんのお好きな音楽のジャンルや曲などを伺い、それらを練習目標とさせていただいております。
バイオリンという楽器は想像以上に難しい楽器なので基礎をしっかりみにつけなければどんなに練習しても上達しません。
だからといってテキストとにらめっこして基礎練習ばかりでは次第に退屈になっていき(なんのためにこんな練習するんだろう。。。)という疑問がいつしか頭のなかに浮かび、気がつけば楽器を弾くことが苦痛になってきてしまうことがあります。みなさんはすでにバイオリンという楽器の魅力の虜になっていると思うので既にご自分がどういう演奏をしたいか、あるいはどういう音色を出したいかというイメージをお持ちのはずです。
私のレッスンではそれら生徒さんのイメージを最終目標とし、そこへ到達するためのお手伝いをさせて頂いております。

レッスンの組み立て方としては
生徒さんの演奏したい曲、あるいはどんな演奏をできるようになりたいか → そのためにどんな基礎練習が必要か→どのテキストを使うか、どのエチュード(練習曲)を練習するか(はじめての方でしたらまずは楽器の持ち方、楽器を弾くときの姿勢、バイオリンのお手入れ、ボーイング『弓で弦をこすること』からはじめます。)

こういった順番でレッスンを行っていきたいと考えております。
演奏能力を向上させるためにはじっくり一つ一つしっかり身につけていく必要があります。生徒さんによっては日常生活上忙しくて練習時間がなかなかとれない方もおられると思いますが、私は生徒さんのペースに完全に合わせて進めていこうと思っております。早く進めば必ずしも優秀という訳ではありません。どうぞお気軽にレッスンにお望みください。

 

レッスンノート

ニ長調のポジションの確認、ビブラートの練習の続き4、カノン の復習4バイオリン教室2020-06-23-no0010-0047

レッスンお疲れ様です。レッスン毎の日課としてニ長調の1オクターブの音階練習を最初に演奏していただいております。前回のレッスンでは運指の際、左手の親指を動かしてしまっているのをレッスン中に指摘しましたが本日では改善されてい […]

Posted in 田島澄人先生のレッスンノート | Leave a comment

ニ長調の音階練習1オクターブの練習、ビブラートの練習の続き3 、カノンの復習3バイオリン教室2020-06-16-no0010-0047

本日はカメラの角度をご配慮いただき、普段のレッスン中に見えなかった部分がよく見え、レッスンの進行がすみやかになりましたことに感謝いたします。本日のレッスンノートですが、音程を正しく取れるようになるためニ長調の1オクターブ […]

Posted in 田島澄人先生のレッスンノート | Leave a comment

ビブラートの練習の続き2、カノンの復習2バイオリン教室2020-06-09 -no0010-0047

本日は前回に引き続きビブラートの練習とカノンの練習をしていただきました。まずビブラートの練習についてお話します。今まで指の関節の屈伸運動についてお話をさせていただいておりましたが、指先に意識を集中していただいたことでかえ […]

Posted in 田島澄人先生のレッスンノート | Leave a comment

ビブラートの練習の続き、カノンの復習バイオリン教室2020-06-02- no0010-0047

ここ数回のレッスンではビブラートの練習にお時間をとらせて頂いておりますが、本日はウォーミングアップとして開放弦だけのロングトーン、ニ長調の音階練習も取り入れさせていただきました。いきなり楽曲の演奏をするより体を慣らしてい […]

Posted in 田島澄人先生のレッスンノート | Leave a comment

ビブラートの練習、バイオリン教室2020-05-26-no0010-0047

今回は前回に引き続きビブラートの練習をしていただきました。ビブラートとは音程を変化させることによって歌のように表情を付けることです。具体的に言いますと押弦した指を屈伸運動させることによって音程の変化が得られます。本日やっ […]

Posted in 田島澄人先生のレッスンノート | Leave a comment

本日のバイオリンレッスンバイオリン教室2020-05-22-no0010-0047

本日のレッスンはお休みとなりました。[これまでの復習その3]

Posted in 田島澄人先生のレッスンノート | Leave a comment

これまでの復習その2、バイオリン教室2020-05-18-no0010-0047

レッスンお疲れ様です。本日の復習その2についてのコメントを記載します。これまでにやったレッスン内容の漏れのないように資料を再送信するとともにもう一度過去のエクササイズにチャレンジしていただきました。その中でポジション移動 […]

Posted in 田島澄人先生のレッスンノート | Leave a comment

これまでの復習その1、バイオリンレッスン 2020-05-12-no0010-0047

レッスンお疲れ様です。前回のレッスンノートで触れましたように今回からはしばらくこれまでの復習をしていきたいと思います。前回ビブラートをレッスン内で取り上げさせていただきましたが、今までやってきた曲の中で新たに覚えていただ […]

Posted in 田島澄人先生のレッスンノート | Leave a comment

「ビブラートへチャレンジ、1stポジションインターバルの練習、スタッカートとスラーの練習」バイオリン教室2020-04-21-no0010-0047

今回は前回の続きで1stポジションインターバルの練習とスタッカートの練習、さらにビブラートへ初チャレンジしていただきました。まず最初に1stポジションインターバルの練習をしていただきました。数回ほどやっていただくとすぐに […]

Posted in 田島澄人先生のレッスンノート | Leave a comment

「1stポジションインターバルの練習、スタッカートとスラーの練習 、メヌエットの練習3」バイオリン教室 2020-04-14-no0010-0047

前回のレッスン時にスタッカートを使うフレーズ郡に遭遇しましたので今回はスタッカートとスラーを混合させた練習をしていただきました。それとポジショニングによる音程のブレを矯正するために音と音の距離間(インターバル)を意識しな […]

Posted in 田島澄人先生のレッスンノート | Leave a comment

▶すべてのレッスンノートを見る
 

ブログ

▶すべてのブログを見る
 

短縮URL

http://wp.me/p5dm7v-5X

レッスンのお問い合わせ